« 君は猛禽王の前にいるのだ | Main | 64bit Memory »

2010.09.26

三倍の速度でエンコします

9月エントリー無しで終わりそうな感じだったので、
新PC、FF14マシン(予定)のスペックネタでも書きましょう(`-ω-)y-゚゚~~
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
旧メインマシン
OS:WinXP Pro
CPU:Core2 Duo 6600
Memory:2G
HDD:500Gx3(日立製x2、WD製x1)
Video:GeForece 8600GT

新マシン
OS:Win7 Ulti 64bit
CPU:Core i7 860
Memory:8G
HDD:Curcial C300 64G x2 RAID0、WD製2T
Video:GeForece GTX460 1G OC

ざっくりこんな感じの新旧マシン
 
 
 
前のエントリでも書いてますが、本当に新旧比較3倍の速度差でエンコ、H.264を作ってくれます。 さすが、Core i7とCUDA対応のGTX460コンビ。 CUDAを殺すとそれだけでも結構な差が出ますので、460が結構がんばってるのがわかるのですが、空冷FANがうっせーので、音でもわかります…
 
 
 
で、CPUとグラボは年々早くなるのでわかりやすいのですが、今回のマシンの一番の特徴はそれではなく、HDDとMemoryであります(`・ω・´)

システムドライブであるC:ドライブにはSSDを使い、更にRAID0で高速化!

64Bit Win7をのせたことにより、32bitの限界突破、搭載Memoryは8G!
 
とくに、SSDの恩恵は革命的ですな(`・ω・´)
ベンチマーク取ってみても、実感速度でも雲泥であります。
 
 
 
2010092601

旧マシン Cドライブ CrystalDiskMark測定結果
これが今まで使っていたHDDの性能って事であります。
HDDとかの性能測定でメジャーなベンチマーク、CDMの測定結果です。

旧マシンのCドライブは日立製500G HDD
1番上がシーケンシャル速度 ざっくり言うと最初から順番にデータアクセスする速度
2番目がランダムで512K 単位、3番目が4K単位のアクセス速度で、
4番目はHDDの動作モードに依るので、ここでは無視。
それぞれ、左側が読込み、右側が書込み時の、byte/secであります

実際にPCを使う場合は、シーケンシャルよりもランダムの方が体感速度に関わってくる… といわれます。 車のCMで、最高燃費30Km/l! と謳っていても実生活で使ってると、そんな燃費の良さでねーよ! というのに近いか? 違うかも??
 
 
 
2010092602

続いて、新マシンで使用している、データ領域用のD:ドライブに搭載している、WD製2T HDD

一番上のシーケンシャル読込み速度が、65→113と倍近く
書込み速度も54→115と倍化

でもランダムの読込みはほとんど変わらず。
512Kの書込みだと2倍近くにはなってますが、4Kだと差は無し。

これだと、システムドライブにこのHDDを使用しても、実感速度の向上は得られないかもしれません。
 
 
 
2010092603

そして、新マシンのCドライブ、Curcial製C300 RAID0の測定結果!

見ろ! まるでHDDがゴミのようだ!

読込み速度を見てみると、シーケンシャルでも旧マシンの7倍早いですが、ランダムはもっとすごい。 512Kで、15倍、4K単位で60倍w SSDフラッシュなので、書込みは読込みほどの差が出ませんが、それでも早い~

ランダムでこれだけ速度差が出ると、そりゃぁもう体感速度が全然違いますわ。 PC機動も、なんのソフト動かすにもサクサク、サクサク動くし、HDDが動くギコギコ音もしない。

Curcial C300はマシンを組んだときに最速のSDDで、SerialATA3.0を十分に活かせる唯一のSDDだったので、こいつを購入したのですが、こいつ単体だとここまでの速度は出ません。 単体でシーケンシャル読込み速度347M、ランダム328Mが、2台をRAID0で組むことでこのの速度なわけですが、ランダム4Kだけは28M→18Mと劣化しております… まぁシステム的に対応している4KQD32が単体228→293と上がってるから良しとしよう。

で、実際この測定値がC300 RAIDOの最速かというとそーいう訳でもなく。

C300をSerialATA 3.0に繋げば、それだけでシーケンシャル350Mの超っぱやシステムDISKに出来るわけですが、それはSATA3.0に繋げた場合の話。 SATA2.5だと250Mが限界なので、せかっくのC300も250MでSTOP。

新マシンの場合、当初予定ではSATA3.0のRAID0で、C300のMAX350MにRAID0の倍化で700M! を目指したのですが… 買ったASUSのマザーがSATA3.0のRAIDに対応してなかった…orz

このためにSATA3.0付いてるマザーを買ったのに
確かにSATA3.0はあったけど
RAIDには対応してなかったんだよー。・゚・(ノД`)・゚・。

なので、泣く泣くSATA2.5のRAID0
SATA2.5は250MがMAXなので、RAID0による487Mという数値はすばらしい。
でもなー予定ではあと200M早くなったはずなのになー おしいなー まぁSATA3.0が始まったばかりだから仕方ないのかなー SATA3.0でRAID組むと金かかりそうだもんなー

なので、ちょい予定とは変わりましたが、これで満足ではあります。
HDDには容量単価でまったく敵いませんが、それほど容量の要らない起動ドライブにはお勧め。
 
 
 
WEB拍手

|

« 君は猛禽王の前にいるのだ | Main | 64bit Memory »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32678/49572014

Listed below are links to weblogs that reference 三倍の速度でエンコします:

« 君は猛禽王の前にいるのだ | Main | 64bit Memory »