« eneloopでXPERIA充電 | Main | XPERIA 音楽・動画メモ 其の弐 »

2010.04.17

XPERIA 音楽・動画メモ 其の壱

XPERIAで音楽と動画を使えるようにするためのメモ、そのいち。

XPERIAのウリでもあるMediascapeに、PC側でXPERIAを管理するMediaGoも、正直かなりイケてません… SONYとはOpne MG Jukeboxからの付き合いなんで、もうXPERIA導入する前から予想どおりなんですが、本当にイケてない(゚∀゚) 昔っから現在まで、ハードはいいのにソフトがダメなのはもうSONYの伝統美って事でいいのか。

と愚痴っても致し方ないので、自力でなんとか。
其の壱は「動画編」です

 
 
 
 
 
 
 
 
 
○XPERIA 動画メモ 
 DVD → XPERIA向け H.264変換

1.用意するモノ
・TMPGEnc Xpress(体験版有り)
・DVDfab HD decrypter(free soft)
・DVD Decrypter(free soft)

iPod touch用に動画を用意していたときから、TMPGEnc Xpress を使用していたので、変換はコレをそのまま使います。 便利・優秀すぎ。 携帯動画変換君などFree Softでやりたい方は、ココに情報無いです、ごめんなさい。
 
 
2.DVDリッピング
DVDfab HD decrypterとDVD Decrypterでリッピング。
最近、新情報調べてないので、自分は変わらずコレでやっております。

まず、DVDfab HD decrypterでDVDのISOイメージをPCに保存。
昔はDVD Decrypterのみで出来ましたが、今は難しいので、コレで対応。

次、DVD Decrypterを使い、先のISOイメージをDVD-R、DVD-R DLとかに焼き。
そのまま焼いたDVDを使い、VOBファイルを単一ファイルにしてリッピング。

ここら辺は前のエントリ、「iPod・PSP動画メモ」とやってる事はかわらず。
 
 
3.H.264変換作業 フィルタ設定
TMPGEnc Xpress の出番です。
最初は「iPod・PSP動画メモ」と同じなので編集作業まで飛びます。

カット編集やフィルタの輪郭などはお好みとして、サイズをXPERIAに合うように調整。
元映像ががアス比4:3か、16:9で作られているかでサイズが変わりますが、出来上がる映像ファイルはアス比を持たないピクセル1:1画像になるので、それに合わせてリサイズ指定します。

編集画面上で出来上がりを確認したい場合は、映像右クリックで出るメニューで、「オリジナル解像度比率で表示」にチェックを入れれば確認可能。 「補正した解像度の比率」にチェックを入れてると、アス比補正された上で、指定したリサイズの変換がかかるので、変な感じになってしまいます… が、これは編集画面上だけの問題なので、下の設定に合わせれば出来上がりには影響なし、問題ありません。

・再生アス比16:9の動画 (映画や最近のアニメ系はほとんどコレか)
 出来上がりが16:9、且つXPERIAの大きな液晶を存分に活かすようにリサイズ
 画像配置方法:画面中心に表示(指定したサイズ)
 アスペクト比保持:チェック外す
 サイズ:852x480
 リサイズ手法:BiCubic
 インタレース出力時に高画質リサイズを行う:チェック有り

・再生アス比4:3の動画 (昔のTV放送系)
 出来上がりが4:3、且つXPERIAの大きな液晶を存分に活かすようにリサイズ
 画像配置方法:画面中心に表示(指定したサイズ)
 アスペクト比保持:チェック外す
 サイズ:655x480
 リサイズ手法:Triangel
 インタレース出力時に高画質リサイズを行う:チェック有り

4:3アス比の映像リサイズですが、比率通りなら横は640ですが、実際の補正かかった映像は655ぐらいになっているようなので、このサイズにしてます。 16:9の横サイズが854でなく852な理由は後ほど明らかに。 リサイズ手法は拡大する16:9映像、縮小になる4:3映像でアルゴリズムを使い分けです。
 
 
4.H.264変換作業 出力設定
実際に色々変換して、XPERIAで再生可能なプロファイルを調べましたが、なんと、Highプロファイルまで再生可能な事がわかりました。 すごいですねぇ~(`・ω・´)

でもXPERIAは小さな携帯マシン。 
コイツにそこまで負荷かけて再生しても仕方ないので、プロファイルはMainを選択する事にします。 レベルはフルVGAを使うので、ちょうど収まるサイズの3.1をチョイス。 3だとダメです。 カタログスペックでは動画撮影サイズが「800x480」となっていて、フルVGAサイズ液晶の意味はなんなんだYO! とか思いましたが、再生する分には854x480のフルVGA可能。

docomoのシャープ携帯 SH-04A 用に動画を作ったときは、こいつも液晶サイズはフルVGAなのに、動画再生は720x480という制限があり、ヴァー(゚Д゚)ー な気分になりましたが、XPERIAはフルVGAサイズの液晶全部使って再生可能です。

各詳細設定項目
・映像設定(1)

 プロファイル:Main
 レベル:3.1
 サイズ:852x480
 アスペクト:ピクセルアスペクト比1:1
 フレームレート:29.97fps(プログレッシブ)
 レート調整:1パス 固定量子化
 動き検索範囲:256
 ビットレートバッファ:1024
 ビデオフォーマット:NTSC
 シーンチェンジ:チェック有り

・映像設定(2)
 GOP長:36フレーム
 Bフレーム:3
 参照フレーム:3
 量子化係数 I:24 P:25 B:27
 エントロピー:CABAC
 サブピクセル:1/4

・音声設定
 エンコーダ:AAC
 サンプリング:48000
 チャンネル:ステレオ
 ビットレート:128
 MPEGバージョン:MPEG-4(ISO/IEC 14496-3)
 オブジェクト:Low
 出力:Raw

・その他
 設定無し
 
 
各設定の捕捉
・映像設定(1)~サイズ:852x480
フルVGAは854x480じゃ(´・ω・`)?
と思われるのはもっともなんですが、何故か854が選択出来ないんですよね…
なので、フィルタ設定~リサイズでも、サイズ:852x480 にしてます。

・レート調整:1パス 固定量子化
touchを使ってた頃は、2パス可変ビットレートで、平均1024・最大4096にしてましたが、XPERIAサイズで作る際、これだと実写系動画を作成したときに、かなり汚いものになってしまいました。 なので、XPERIAでは固定量子化に変更。 

これだと出来上がりサイズはよめませんが、XPERIAの綺麗な液晶を存分に活かした出来上がりになります。 でも本当にサイズが出来上がるまでよめませんw 

同じ設定で作ってみた、某コウモリナイト洋画と、某攻殻アニメでは、
 コウモリ:152分: 1.4G:9.42Mbps
 攻殻  :108分:620M:5.74Mbps

とビットレートで2倍近い差が(゚Д゚;)
1Gオーバーするような動画はいや~んという場合は2Pass可変にして、実写なら平均5000kbps、アニメ系なら3000kbpsぐらいにおさえて、最大は平均の4倍にしてあげれば、そこそこいいのが出来るかも? コレはそのうち追試してみたいと思います。

2010/5/23 追記
2Pass可変のレートでどれくらいの見栄えになるか試してみました。
某青い人の3D映画を固定量子化で変換してみたら、2:42の映画で出来上がりファイルは3Gオーバー!! まぁいいや…とXPERIAに転送してみたら再生不能でした。 ファイルが大きすぎると無理のようですねぇ。 想像ですが、内部のキャッシュやらとかの問題でしょうか。

で、2Pass可変の平均2048・最大8192でやってみると、出来上がりとしてはまったく問題ない綺麗さ。 ファイルサイズも1.3Gまで小さく。 あまりサイズには影響与えてないかもですが、GOP長も100にして破綻する場面も見られず。 これなら平均1536・MAX6144まで下げてもいけるかもしれません。 そーすれば大概の映像ファイルは1G内に納められそう。
 

・映像設定(2)~各設定
昔から色々調べはしたのですが、一部よくわかりません(´・ω・`)
エントロピーはプロファイルMainにすることで、CABACによる画質向上が望めるので、コレは鉄板。 他はほぼデフォルトのまま。 GOP長は長くしてやれば出来上がりサイズがちょーっと小さくなるかも。 100ぐらいにしてあげてもいいかもしれません。

・音声設定~オブジェクト:Low
LowからMainにして、音質向上狙ったら再生出来ませんでした。残念。
ビットレート128は、AACなら128で十分だろうって事で。 音質気に入らなければここから上げて、少しでもサイズ小さくしたい場合は96ぐらいにしましょう。
 
 
5.エンコード・XPERIA転送
ここまで出来たら、後は適当な名前を付けてエンコードしてやるだけ。
PSPやガラケーではファイル命名規則があり、めんどくさかったですが、ファイル名がそのままXPERIA上に出ますので、わかりやすいファイル名にしてやればOK。 

で、出来上がったH.264ファイルですが、間違ってもMediaGoとかから転送してはいけません。 MediaGoが余計なことに「再生可能なフォーマットに」変換して転送してくれるので、せっかく作ったファイルが台無しになりますwww

なので転送は、XPERIAをPCに接続、USBをマウントした後に、直接フォルダに放り込みます。 マウントすると、XPERIAがひとつのDiskのように見えますので、その中にある「video」フォルダに入れてやればOK。 上記設定で作成された動画はコレでMediascapeから再生可能です。

MediaGoがやってくれる「再生可能なフォーマットに」変換しての転送は場合によっては有効で、どこからか拾ってきた動画とか、元がなんのフォーマットか分からないお(^ω^) とか、細かい設定まんどくせ(゚Д゚ ) なんて時に「おまかせ」でやるのには便利です。

以上で動画編は終了~
ソースがDVDに限らず、変換設定さえ合わせてやればこれで再生行けるはず。
デフォでXPERIAに入ってるデモのGT5映像の美麗さとかハンパ無いっすよね…

こんだけ綺麗な映像出すハードなんだから、もうちょいソフトがんがって欲しいですが、まぁこれからに期待かなぁ~ いつかわからんですが、2.0にも上がるんだし!(゚∀゚) 
 
 
 
WEB拍手

|

« eneloopでXPERIA充電 | Main | XPERIA 音楽・動画メモ 其の弐 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32678/48111709

Listed below are links to weblogs that reference XPERIA 音楽・動画メモ 其の壱:

« eneloopでXPERIA充電 | Main | XPERIA 音楽・動画メモ 其の弐 »